保険の仕事のこと

仕事はいろいろな小さなディーラーを担当している保険屋さんで自動車保険を担当しています。
普段子どもと車のおもちゃで遊んでいるときは無邪気にぶつけあっていますが、
いざお客さんの事故現場を目の当たりにした時には車は本当に怖いものだなと感じます。
特にどちらかの運転手が流血したり骨折したりしていると車内も血だらけになっていますし、
骨折していたらその後の生活にだいぶ支障が出ますからねー

以前はスマホゲームのプログラマーさんを担当したことがあったんですけど、いわゆる開放骨折というやつで
腕の外に腕の骨が飛び出ちゃっている状態で緊急手術で全治半年と診断された大変な事故もありました。
で、プログラマーさんで契約社員だったこともあって職も失うということにもなって、貯金などもだいぶ無くなったようです。
過失割合もこちら4割、相手さんが6割(どちらも前方不注意、こちらが黄色信号)という事故内容だったので、
相手方に生活補償を請求することもできないような状況でしたし仕方がありませんでした。

生命保険の方ではアフラックの給与サポート保険とか所得補償保険というものでカバーもできるようですけど、
受給条件などを調べてみると就労困難状態にならないと保険金をもらえないみたいで、
その就労困難状態っていうのは障害1級とか2級とか失明とか半身まひとかの状態のようです。
つまり、よっぽど生活を行うことが困難な状態にならないと給付金をもらえない保険みたいですし、
雑誌とかを見ていてもあまり評判は良くないみたいですね。

また話はそれてしまいましたが、子どもとロボカーで遊んでると早くAIが進んで自動運転社会になればいいかなと。
実は高齢者の運転ミスがけっこうなリスクになっているみたいで、そのあたりをまたブログで書ければいいなと思います。